Top

Library


Search Result Details
Previous Next
林芙美子が見た大東亜戦争
  • 『放浪記』の作家は、なぜ「南京大虐殺」を書かなかったのか
  • ハート出版 2019.1
  • 宮田 俊行∥著
Holdings: 1 Checked Out: 0
Available for Loan: 1 Holds: 0
Item Status
ふれあい図書館 <5010253309>
Available / 文学 / / /910.2/ミ/  / None
Detailed Information
ISBN-10 4-8024-0072-5
ISBN-13 978-4-8024-0072-5
Title (Kana) ハヤシ フミコ ガ ミタ ダイトウア センソウ
Subtitle (Kana) ホウロウキ ノ サッカ ワ ナゼ ナンキン ダイギャクサツ オ カカナカッタ ノカ
Author (Kana) ミヤタ トシユキ
NDC 910.268
Price ¥1600
Publisher (Kana) ハート シュッパン
Size 19cm
Number of Pages 269p
Related Person 林 芙美子
Related Subject 日中戦争(1937~1945)
Abstract 『朝日新聞』『毎日新聞』の従軍作家となり、広漠たる大東亜共栄圏を旅した林芙美子は、大東亜戦争の激戦地でいったい何を見たのか、なぜ「南京大虐殺」を書かなかったのか。貴重な記録をもとに、その足跡を辿る。
Author Profile 昭和32年鹿児島県生まれ。早稲田大学法学部卒業。南日本新聞にて奄美大島支社長、文化部デスクなどを務めたのち早期退職。著書に「「花のいのち」殺人事件」など。